お金の借入をする際の審査

 

日本の中央銀行である日本銀行がマイナス金利政策を実行しており、住宅ローン金利や企業が借入を行う場合の金利などは、史上最低水準になっていると言われています。しかし、銀行系カードローンや消費者金融会社のキャッシングを使う場合は、利息制限法の上限である15パーセントから20パーセントの金利が適用されることもあり、利用するローンの種類によってさまざまです。今回は、お金の借入を行う場合の審査について、ご説明します。多くの人にとって身近な借入は、住宅ローンです。借入を行う人が実際に住む家に対して担保を設定し、銀行などが審査を行った上で、不動産の資産価値に対して一定のパーセンテージで掛け目を決定した上で融資が実行されます。住宅ローンの審査の場合、銀行は借入人のクレジットヒストリー(信用情報)をまず確認します。

過去にカードローンやキャッシングの返済延滞を行っていないかどうか、クレジットカードの支払いは問題なく行っているかどうか、携帯電話やスマートフォンなどの分割払いの遅延がないかなど、クレジットヒストリーの状況を信用情報機関に照会します。クレジットヒストリーに問題がなく、安定的な収入があり、不動産価値が一定以上あれば、問題なく審査が完了して、住宅ローンが実行されることになります。一方、銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングを利用する場合は、原則として無担保、保証人なしでお金を借りることになります。住宅ローンと同じように、クレジットヒストリー照会が行われ、審査が行われます。カードローンやキャッシングの審査の特徴として、借入人の職場に電話を行う在籍確認と呼ばれるプロセスがあります。金融機関が借入人の職場に電話をして、実際に働いているかどうかを確認し、問題がなければ審査を通るという仕組みです。クレジットヒストリーに問題がなければ、審査が完了し借入が可能になりますが、金利は住宅ローンよりも高めになっています。

借入をする時は金利をチェックする

 

通常、金融機関でお金を借りた場合は借入額だけを返済するのではなく、そこに利息分を合わせた額を返済する事になっています。その時の利息分の計算をする時に利用する物が金利です。金利は金融機関だけでなく借入額によっても違っており、さらに無担保融資を行っている金融期間の場合は、その金融期間からの信用度によっても適用される数字が変わる為、どの人でも一律と言う訳ではありません。少額融資の場合はそれほど大きな影響を及ぼさない場合も有りますが、高額融資となると返済総額が多くなってしまう原因となり得ます。その為、金融期間から融資を受けたい場合はただ単にお金を借りる事が出来るかどうかという事だけでなく、適用される金利がどれ位かと言う事も考慮して選ぶ事になります。ただ、実際にはどの金融期間を利用しても金利が適用されるという訳ではありません。利用する所によっては適用されず、借入額だけを返済すれば良いという時もあります。その一例が消費者金融を利用する場合で、この場合、その会社を始めて利用する時に限り無金利で借り入れができるようになっている所があります。

無金利が適用される期間はその会社によっても違っており、大体1週間から180日の間となっています。その間に完済する事ができれば借入額だけを返済すれば良い事になり、その期間を過ぎると残債に対して金利が適用される仕組みです。その為、出来るだけお得に利用したいと思った場合はなるべく短期間で完済できる程度の借入額に抑えておきます。通常金融期間の金利表示は年利で表示されていますが、実際にはカードローンの場合は年利で計算するのではなく、日歩、つまり日割りで計算する事になっています。その為、借りたお金を返済予定日までずっと借りているのではなく、繰り上げ返済や一括返済をするとその分利息が付かなくなる為、返済総額を抑える事に繋がります。これはお得に借入をしたい場合等に有効な方法です。

カードローンの借り換えを利用するときにキーポイントになるのが

 

キャッシングに採用されている即日融資に関しまして、サービスの行き届いた事業者の紹介やキャッシュを受け取るまでの手続き、返済をするときのポイントなどを見やすくまとめました。キャッシングの申込方法はさまざまな種類がありますが、メインとなっているのがネットからの申し込みらしいです。契約の申込から審査をパスできたかどうかの確認、身分を証明するための書類の提出まで、すべてネット上で行なうことが可能です。カードローンの借り換えにおいても、債務返済能力の有無を調べるために審査を受ける必要があります。むろんこの時の審査に通らない限り、ローンの借り換えを行なうことは無理だというわけです。カードローンの借り換えを考えているなら、言うに及ばず低金利な金融業者を選び抜く必要があります。努力して借り換えたとしても、もともとのカードローンの貸付金利とほぼ変わらないのでは意味がありません。

カードローンの借り換えを利用するときにキーポイントになるのが、「どのキャッシングサービスを活用するか?」という点です。審査をクリアするのは難しいですが、総じて各地にある銀行の方が、消費者金融より低金利になっていると言って間違いないはずです。カードローンの金利を比較する際は、金利における「上限」と「下限」を区分して行なうことが大切です。どうしてかと言うと、金利は「いくら借りるのかによって決定される」のが一般的だからです。おまとめローンを組む意義は、高金利の金融機関から低金利の金融機関に借り換えをすることによって、毎回の返済負担を軽くする以外に、返済合計額の低減を具体化することだと言っていいでしょう。お金を借りるという時点で実施されることになる在籍確認については、その日取りと時間帯を指定可能です。さりとて遅い時間や早すぎる時間、あるいは数ヶ月先などという自然ではない指定はできないと思ってください。「今の自分がカードローンの審査をパスすることが可能かどうか」心配ですよね。そういった方のお役に立つように、「審査で落とされやすい人の特色」というものを紹介しましょう。カードローンの審査に関しては、申込申請時に入力する情報を拠り所にして、申込申請者の信用度を見定めるために実行されます。

ちゃんと返済していく見込みがあるかどうかという点が鍵を握ります。総量規制により規制が掛かるのは、個人が融資を受けるという時に限ります。そんな訳で、個人が事業で使う資金を借りる場合は、総量規制によって制約を受けることはないのです。カードローンをリサーチしてみると、業者ごとに独自の特徴があり、融資利率や上限額などのような、明記されている基礎データだけでは、比較検討するのは簡単ではないというのが実際のところです。フリーローンと申しますと、銀行系が低金利だとよく言われますが、CMでもお馴染みの全国展開の消費者金融などでも、低利息で借入可能なところが増加してきたという状況です。貸金業法の改正によって生まれた総量規制は、度を超した借金を未然に防いで、私たちを守ってくれる規制として知られていますが、「総量規制に抵触してしまうと、全くもって貸し付けしてもらえなくなる」というのは間違いです。消費者金融で融資申請する際に、収入証明書として添えられる事が多いのが、収入をチェックできる給与支払明細書です。何らかの事情によりこれを準備できないという方は、収入証明書が要求されない銀行カードローンの方が適しています。